​九州北部の長崎県島原市にある自転車生活課ゆう-(資)廣瀬商会です。

当社では、幼児からご高齢の方までお買い求めいただける自転車を幅広く在庫。その数は約800台。九州でもトップクラス。

自転車の整備、修理、買取、下取り、中古車販売も実施中。

1949年創業。自転車技士、自転車安全整備士の資格を持った社員が組み立て・整備を行いますので安心ください。

他にも、電動自転車やスポーツバイクの試乗、まだ自転車に乗れない小学生への「乗り方指導」、パンク修理講座など...イベントも開催中。

このHPでは、イベント情報や自分でできるメンテナンス方法、自転車に関する豆知識などを公開。

HP担当は、まだ自転車初心者。そのHP担当が疑問に感じたこと、学んだことを同じ初心者の方にわかりやすく解説致します。

間違いは、遠慮なくご指摘ください。

​自転車をお求めのお客様は、店舗または弊社の通販サイト https://www.hirosesyoukai.com/ へアクセスください<(_ _)>

​自転車生活課ゆう-(資)廣瀬商会

Address:長崎県島原市下川尻町7989-2

Tel:0957(62)2108

​E-mail:yuuyumi@crest.ocn.ne.jp

  • Twitterの - ブラックサークル
  • Facebook - Black Circle
  • YouTube - Black Circle
  • yuuyumi

どれから始める?!キックバイクor補助付き自転車

最終更新: 2019年4月8日


子供用の自転車をお求めのお客様によく質問いただくのが、、、

「キックバイクと補助付き自転車、買うならどっちがいい?」というもの。


先に結論から言っちゃいます...(笑)

「キックバイク」と「補助付き自転車」を同時期に兼用するのが一番いいんです!!

それはなぜ??

キックバイクにも、補助付き自転車にも、長所と短所があるから。

では、キックバイクと補助付き自転車をどのように使ったら有効か...

検証します!

<キックバイクの長所・短所>


キックバイクは、あくまでも「バランスを鍛える為」の玩具です。

ペダルがついていないので、ペダルを漕いで進む能力は身に付きません。

<キックバイクの短所1>

ペダリングの練習ができない。

キックバイクは、タイヤが小さいので、足つきがとてもよく、安心してキック前進できます。

また、車体がとても軽い為、バランスを崩してもすぐに体勢を元に戻せます。

小さな子供でも容易にバランス感覚が身に付きます。

<キックバイクの長所>

軽い。

足つきがいい。

いとも簡単にバランス感覚を養える

事故以来、ほとんどのキックバイクにブレーキはついていますが

(スト〇イダーはついてません)

残念ながら、ブレーキングの練習にはなりません。

キックバイクは、車体が低く、容易に足がつく為、ブレーキを足でかける癖がつくんです。

キックバイクにしか乗ってない子は、ここが危険ですアセアセ

<キックバイクの短所2>

ブレーキングの練習が不十分。

ブレーキを足でかける癖がつく。

<補助付きの自転車の長所・短所>


(適正身長内で)足がつかない自転車に乗って練習するため、

みっちりブレーキングの練習ができます。

また、キックバイクより車体もタイヤも大きいので、長い期間、乗ることが可能です。

<補助付き自転車の長所1>

ブレーキの練習ができる。

乗れる期間が長い。

一番重要なのは、ペダリング。

キックバイクにはペダルがありません。

ですので、(三輪車も経験せずに)

キックバイクにしか乗ってないお子さんは、上手くペダルをこげません。

私たちの世代は、キックバイクなんかなかったので、ペダリングができない子供はいませんでした。

我が子がペダリングできないことに驚く親御さん、意外と多いんですよ~。

<補助付き自転車の長所2>

ペダリングの練習ができる。

ちょっと話がそれますが...自転車の練習ってどんな風にしますか?

キックバイクがなかった親御さん世代は、

①いきなり、自転車に乗せて、ペダルを漕がせる。親が後ろを補助してあげる。

②慣れたらすぐ補助の手を放して練習。

これをひたすら繰り返す。

と考えていませんか??

この練習の仕方では、乗れるようになるまで、ものすごーく時間がかかってしまいます( ;∀;)

弊社では、補助付き自転車の補助輪とペダルを外して、

キックバイク状態にしてから乗ってもらいます。

これが、乗れるようになる近道です。

(まずは歩くことからスタート。

※早く乗れるようになるにはコツが要ります(親子乗り方教室参照))

キックバイク状態にする為にペダルを外したいのですが...

自転車のペダルは、簡単には外せません。

ここが難点です。

<補助付き自転車の短所1>

ペダルが簡単に外せない。

そして、もう一つの短所が、車体が重いこと。

乗らずに、押して歩くだけでも一苦労。

車体の重さでバランスがうまく取れず、キックして前進することなんかさらに難しいのです。

その点、キックバイクを経験していると、この重さにもすぐ慣れ、すぐにバランスが取れます。

なので、やはり、キックバイク経験者は、「乗れるようになるのが格段に早い」です。

<補助付き自転車の短所2>

車体が重い。

バランス感覚を養うのに時間がかかる。

<検証結果>

「キックバイク」と「補助付き自転車」を同時期に兼用するのが一番いい!!

といっても、なかなか二つ買うことは、金銭的にも、保管場所でも、困るかもしれません。

兄弟がいらっしゃれば、決して損にはなりませんが...。

最近では、幼稚園や保育園に、キックバイクがありますよね!!

うちの息子も、保育園のキックバイクのおかげで、

すぐに自転車に乗れるようになりました。

保育園や幼稚園にあるなら、家には必要ありません。

迷わず、補助付き自転車を買ってあげてくださいね!

弊社の幼児用自転車、子供用自転車の通販はこちら↓

http://www.hirosesyoukai.com/?mode=grp&gid=303406

#幼児車 #子供車