​九州北部の長崎県島原市にある自転車生活課ゆう-(資)廣瀬商会です。

当社では、幼児からご高齢の方までお買い求めいただける自転車を幅広く在庫。その数は約800台。九州でもトップクラス。

自転車の整備、修理、買取、下取り、中古車販売も実施中。

1949年創業。自転車技士、自転車安全整備士の資格を持った社員が組み立て・整備を行いますので安心ください。

他にも、電動自転車やスポーツバイクの試乗、まだ自転車に乗れない小学生への「乗り方指導」、パンク修理講座など...イベントも開催中。

このHPでは、イベント情報や自分でできるメンテナンス方法、自転車に関する豆知識などを公開。

HP担当は、まだ自転車初心者。そのHP担当が疑問に感じたこと、学んだことを同じ初心者の方にわかりやすく解説致します。

間違いは、遠慮なくご指摘ください。

​自転車をお求めのお客様は、店舗または弊社の通販サイト https://www.hirosesyoukai.com/ へアクセスください<(_ _)>

​自転車生活課ゆう-(資)廣瀬商会

Address:長崎県島原市下川尻町7989-2

Tel:0957(62)2108

​E-mail:yuuyumi@crest.ocn.ne.jp

  • Twitterの - ブラックサークル
  • Facebook - Black Circle
  • YouTube - Black Circle
  • yuuyumi

6歳までに自転車乗れたら、運動が得意になるってホント?!

最終更新: 2019年4月8日


平昌オリンピック盛り上がってますね~♪

今、アスリートの間で、大注目されている「コーディネーション能力」

これを6歳までに育むと、運動神経がぐんとアップするんです!!

オリンピックに出場している選手のほとんどが、6歳までに競技を始めていますよね!

コーディネーション能力の育成は、早いほど、良いんです♪♪

☆なんで早い方がいい?? 詳細はこちら☆


そして「コーディネーション能力」は、7つもあるんですが...

「自転車に乗る」という行為で、7つ一気に養えることがわかりました(^^♪

☆自転車で養えるコーディネーション能力 詳細はこちら☆


さて今日の本題!!

自転車に乗るって、誰でも出来て簡単じゃん!!

運動能力アップに、本当に効果あるの??

まだ疑ってる皆さんに、自転車運動の良さをもっともっとお教えいたします♪♪


Q1.「誰でも乗れるのに、効果ある?」

A1.そう、「誰でも乗れる」からいいんです!!

誰でも必ず乗れるようになるから、

ゴールが必ずあるから、未熟な幼児期でもトライできる!

6歳までに育成することが必要なコーディネーション能力。

でも、まだまだ未熟なこの時期に、難しいトレーニングだと、子供はあきらめてしまいます。

自転車運動で身につく能力は、決して高いレベルの運動能力ではありません。

弊社の練習教室でも、時間差はありますが、乗れなかった子供はいません。

誰でもトライできるからいいんです。


Q2.「簡単に乗れるのに、効果ある?」

A2.いいえ、「決して簡単には乗れません」

そもそも、自転車って、簡単に乗れたッて思ってません??

だけど、「自転車に乗る」って、実はけっこう難しい作業なんです。

この難しさこそが、コーディネーション能力育成に大切なんだそう。

簡単には乗れない自転車は、何度も何度もトライする必要がある。

この過程自体が、運動能力を高める。

なかなか自転車に乗れなくて失敗することも実は大事なことです。

「どうしたら乗れるようになるのか」と自ら前もって考え、トライすることは「フィードフォワード」と呼ばれる運動学習過程の中のひとつ。

これは子どもの運動能力を高める重要なサイクルです。


Q3.「うちの子怖がりだけど大丈夫?」

A3.大丈夫、「誰でも必ず乗れるように」なります!!

段階を踏んで、練習ができるから。あきらめずやり遂げられる。

子どもの運動能力の発達を妨げている一番の要因。それは「恐怖心」だそう。

ですが、自転車は、怖ければ、また補助輪を使って、練習したらいいんです。

自信がついたら、外して、、、というように、

自分のタイミングで何度でも挑戦できるアイテムなんです。


また、能力の差がでにくい運動だから、誰でも運動に対する自信が持てる。

誰でも乗れて、「乗れた」というゴールがみな同じ。

乗れてしまったら、上手い下手はそう違いありません。

「怖がり」で、運動があまり得意でない子にとって、

運動が得意な子と同じようにできた!

という喜びや満足感は、かなり大きな自信につながります。


Q4.「自転車に乗れただけで、なにが変わるの?」

A4-1.「成功体験」が他の運動にトライする気持ちに繋がるんです。

子どもにとって自転車に乗れるようになることは、大きな恐怖心を排除、克服したことにつながり、

その他の運動にも前向きに取り組むきっかけになりやすいと考えられます。

乗れたという成功体験が、他の運動にトライする気持ちへと繋がるから。

さらに自分で移動できる距離が大幅に伸びるため、自分の世界を大きく広げることにもつながるでしょう。

A4-2.親子で練習することで、心身の健やかな成長を促します。

A4-3.親に褒められることで、さらに自信がつきます。


自転車は、簡単に乗れない分、練習時間がかかります。

その分、親子で過ごす時間が長くなり、親子の関係が深まります。

「出来た!」という成長の瞬間に立ち会えること、親子で喜びあえることも、子供の心身の成長にとてもいい効果をもたらします。

子供は褒められることで、さらに自信をつけるんです。

誰でもいいわけじゃない。子供は親に褒められたいものです。

このように、自転車に乗れるという行為は、運動神経を開花させるきっかけになります。

自転車に乗るだけで、運動神経がぐんぐんアップするわけではありませんが、、、

運動能力の基盤をバランスよく作り、

これからの意欲につなげるという大切な役割を果たせる自転車。

6歳までに自転車に乗れるようになって、今後の運動生活の土台を作りましょう♪

12歳までなら、まだ間に合う!!


自転車の乗り方・教え方指導開催中♪


店舗に来れない方は、こちら↓をご参照ください<(_ _)>

https://www.hirosesyoukai-yuu.com/kids-junior-events

#幼児教育 #トレーニング法 #幼稚園ママ #幼児期の自転車 #コーディネーション能力 #保育園ママ #運動神経 #自転車にのれない #自転車教室 #運動オンチ #小学生 #脱運動オンチ #自転車生活課ゆう