​九州北部の長崎県島原市にある自転車生活課ゆう-(資)廣瀬商会です。

当社では、幼児からご高齢の方までお買い求めいただける自転車を幅広く在庫。その数は約800台。九州でもトップクラス。

自転車の整備、修理、買取、下取り、中古車販売も実施中。

1949年創業。自転車技士、自転車安全整備士の資格を持った社員が組み立て・整備を行いますので安心ください。

他にも、電動自転車やスポーツバイクの試乗、まだ自転車に乗れない小学生への「乗り方指導」、パンク修理講座など...イベントも開催中。

このHPでは、イベント情報や自分でできるメンテナンス方法、自転車に関する豆知識などを公開。

HP担当は、まだ自転車初心者。そのHP担当が疑問に感じたこと、学んだことを同じ初心者の方にわかりやすく解説致します。

間違いは、遠慮なくご指摘ください。

​自転車をお求めのお客様は、店舗または弊社の通販サイト https://www.hirosesyoukai.com/ へアクセスください<(_ _)>

​自転車生活課ゆう-(資)廣瀬商会

Address:長崎県島原市下川尻町7989-2

Tel:0957(62)2108

​E-mail:yuuyumi@crest.ocn.ne.jp

  • Twitterの - ブラックサークル
  • Facebook - Black Circle
  • YouTube - Black Circle
  • yuuyumi

前ドロヨケを取り付けよう<RAN,TUR,エンペラーetc...>


ドロヨケを装着します。

泥除けには、いくつかの装着方法があります。

写真のように裏側のネジで取り付ける場合を説明します。


主に、TUR エンペラー は、このタイプです。

まずハンドルを装着します。(ハンドルの装着方法はこちら


ハンドルを取り付けたら、次に、泥除けを取り付けます。

ドロヨケは、このような状態でお送りします。


ネジも、はめる場所に軽く装着してお送りしています。



まず、泥除け上部を固定します。ネジやナット、スペーサーを外します。

※泥除けを傷つけないように台の上で作業しましょう。


スペーサーは、前後で厚みが違います。気を付けてはめましょう。



※前後が逆の場合、上記写真のように浮いた状態になります。


これが正しい状態です。しっかり固定します。

次に、ステーを仮止めします。


そして、前輪を装着します。


前輪の装着法はこちらをご覧ください。

※ただし、ブレーキは後で取り付けます。装着しないでください。


前輪とドロヨケの隙間が均等であるか調整し、泥除けの中央に前輪がくるようにして、ステーをしっかり固定します。


最後に、ブレーキを装着します。


ブレーキレバーについている調整ピンを傾けます。


ブレーキの装着はこのような手順です。


元の位置に戻します。


ポンプで、空気を規定の空気圧(ほとんどのタイヤに記載)まで入れます。


スポーツ車には、空気圧が見れるゲージ付ポンプが必須です。

軽いポンピングで5種類の口金に対応した売れ筋NO.1商品は、こちらで販売してます♪


これで、完成です。

#泥除けの取り付け方 #フェンダー #ランドナー #取り付け方

125回の閲覧