​九州北部の長崎県島原市にある自転車生活課ゆう-(資)廣瀬商会です。

当社では、幼児からご高齢の方までお買い求めいただける自転車を幅広く在庫。その数は約800台。九州でもトップクラス。

自転車の整備、修理、買取、下取り、中古車販売も実施中。

1949年創業。自転車技士、自転車安全整備士の資格を持った社員が組み立て・整備を行いますので安心ください。

他にも、電動自転車やスポーツバイクの試乗、まだ自転車に乗れない小学生への「乗り方指導」、パンク修理講座など...イベントも開催中。

このHPでは、イベント情報や自分でできるメンテナンス方法、自転車に関する豆知識などを公開。

HP担当は、まだ自転車初心者。そのHP担当が疑問に感じたこと、学んだことを同じ初心者の方にわかりやすく解説致します。

間違いは、遠慮なくご指摘ください。

​自転車をお求めのお客様は、店舗または弊社の通販サイト https://www.hirosesyoukai.com/ へアクセスください<(_ _)>

​自転車生活課ゆう-(資)廣瀬商会

Address:長崎県島原市下川尻町7989-2

Tel:0957(62)2108

​E-mail:yuuyumi@crest.ocn.ne.jp

  • Twitterの - ブラックサークル
  • Facebook - Black Circle
  • YouTube - Black Circle
  • yuuyumi

ドロップハンドルならロードなの?!ロードバイクの特徴を知ろう

最終更新: 2019年4月8日


ロードバイクとっても、値段は10万円前後~数百万円!!と実に様々です。

ネットで、定価3万円のロードバイクとして売ってあるものを見ました...。

買ったご本人が満足であれば、全然問題ないのですが...

それってほんとにロードバイクなのかな??

今日は、ロードバイクの特徴を紹介します!!

1.ドロップハンドル


ロードバイクと言ったらコレ!!

下に湾曲したハンドルがかっこいいですよね◎

(このハンドルがもたらす効果などは、次回紹介させてください)

※弊社で販売してますが、フラットハンドルのロードバイクもございます。

ロード寄りのクロスバイクという見方もあり...定義はあいまいです。

クロスバイクの種類で説明してます。ご覧ください。

2.「キャリパーブレーキ」


ロードバイクには、上記のようなキャリパーブレーキがついてます。

(シクロクロス、グラベルロード、ランドナーなどの一部を除く)

クロスバイクで紹介したギュッと制動力の良い「Vブレーキ」と違って、

ロードバイクの「キャリパーブレーキ」はスピードを徐々に抑えてくれます。

かなりスピードがでるロードバイクですので、急に止まるブレーキは危険ですもんね(;^ω^)

※キャリパーブレーキは、クリアランス(ブレーキシュー左右の幅)が狭いため、細いタイヤしか装着できません。

3.「超軽量」

ロードバイクは、完成車の状態で10kg以下。

(グラベルロード、ランドナーは、11kg~12kgのものもあります。)

片手で軽々持つことができます。

ロードバイクは、カーボン、アルミ、スチール(クロモリ、ハイテンなど)、チタン、スカンジウム、マグネシウムで作られています。

(フレーム素材の特徴は、こちらで紹介)

速く走る為の自転車ですので、軽さが重要ポイント。

高価なものほど、軽いんです。

せっかくロードバイクを買うんだったら、10.9kg以下のものを選びましょう。

4.「コンポーネント」


自転車を構成する主要部品をひとまとまりで扱うための呼称です。

フレーム、フォーク、タイヤ、車輪、ハンドル、サドルなどは含まれません。

コンポについては、こちらで説明してます。

フレーム素材もですが、どんなコンポがついているかで、ロードバイクの走りも値段も変わります。

日本では、SHIMANO製がダントツ人気です。

グレードに関係なく、SHIMANOのコンポが使われていると、故障した時など、修理が容易で安心ですね♪

ロードバイクを買うときは、スペックも注意してみましょう。

5.「タイヤの細さ」


ロードバイクのタイヤは、700×23c~25cの細さの物がほとんどです。

(シクロクロスやグラベルロード、ランドナーといった、

「速さを求める」目的でないロードバイクは、太目のタイヤがはまっています。)

細いタイヤは太いタイヤより高圧に空気を入れられる為、タイヤが硬くなり、接地面が少なくすむので、転がりが良くなります◎

速く走る為のロードバイクには、高圧に耐える細さで、滑りの良いタイヤがついてます。

主な特徴は以上です。

買う際に、注意してみてくださいね♪

#ロードバイク #初心者講座