​九州北部の長崎県島原市にある自転車生活課ゆう-(資)廣瀬商会です。

当社では、幼児からご高齢の方までお買い求めいただける自転車を幅広く在庫。その数は約800台。九州でもトップクラス。

自転車の整備、修理、買取、下取り、中古車販売も実施中。

1949年創業。自転車技士、自転車安全整備士の資格を持った社員が組み立て・整備を行いますので安心ください。

他にも、電動自転車やスポーツバイクの試乗、まだ自転車に乗れない小学生への「乗り方指導」、パンク修理講座など...イベントも開催中。

このHPでは、イベント情報や自分でできるメンテナンス方法、自転車に関する豆知識などを公開。

HP担当は、まだ自転車初心者。そのHP担当が疑問に感じたこと、学んだことを同じ初心者の方にわかりやすく解説致します。

間違いは、遠慮なくご指摘ください。

​自転車をお求めのお客様は、店舗または弊社の通販サイト https://www.hirosesyoukai.com/ へアクセスください<(_ _)>

​自転車生活課ゆう-(資)廣瀬商会

Address:長崎県島原市下川尻町7989-2

Tel:0957(62)2108

​E-mail:yuuyumi@crest.ocn.ne.jp

  • Twitterの - ブラックサークル
  • Facebook - Black Circle
  • YouTube - Black Circle
  • yuuyumi

ミニベロの「長所」と「短所」


近年様々な種類が出て、人気急上昇中の「ミニベロ」。

実は、ロードバイクユーザーが選ぶ 第2の自転車は、

意外にも「ミニベロ」が多いんです!!

スポーツバイクの王様「ロードバイク」を知り尽くしたユーザーが、

次に「ミニベロ」を選ぶのはなぜだろう?!

今日は、そのミニベロの「長所」と「短所」に迫ります♪

「長所」

・収納スペースの確保が容易


タイヤが小さいので、車体も低く、長さもやや短めですので、とてもコンパクト。

玄関に置いても圧迫感はなく、気軽に収納できます。

また、折り畳みタイプなら、バックで輪行も可能です。

中には、コインロッカーに収納できるほど小さいものもあるんですよ~。

折り畳みタイプ、ミニベロロードなどのスポーティタイプは、とても軽いので、階段を持って上がる場合も、苦になりません。


※例外あり!!...このタイプは意外と重いです↓↓


折りたためないタイプで、カゴやキャリアがついている街乗り用は、タイヤが小さくても、意外と重量があります。安価な商品は特に重いです。ご注意を...。

・男女で、親子で、兼用できる


ミニベロは、適正身長が幅広いものが多く、夫婦で、親子で、彼と彼女で...シェアが可能です。

※こちらも例外あり↓↓


ミニベロロード、スポーティタイプ、トップチューブがホリゾンタル仕様のものは、2~3サイズあり、適正身長設定も細かいです。体に合ったものを選んでくださいね。

・加速が楽、減速も容易

タイヤが小さい分、一回転させる力は少なくてすみ、すぐにスピードが出せます。


また、減速も、タイヤが小さい分、容易です。


街では、様々な障害に出くわし、ストップすることも多いですよね。

漕ぎだしも減速も楽なので、ストップ&ゴーが多くてもへっちゃらです。

・小回りが利く

タイヤが小さい分、ハンドリングが容易で小回りが利くため、狭い道でも、障害物があっても、すぐに対応できます。

・ひと漕ぎで意外と進む。

進む距離は、タイヤの大きさではなく、ギヤ比によります。


シングル~3段変速のママチャリに比べ、ミニベロは外装6段~7段のものがほとんど。

タイヤは小さいけれど、ママチャリよりぐんぐん走るんです。


ブリヂストンのクエロは、実際に計測し、26インチタイヤの自転車とほぼ同じ距離を走ることを検証しています。


また、ミニベロロードなんかは、フロントギアが2枚ついていて、ギア比(上記参照)も十数種類と選べます。

ロードバイクと同様のコンポがついていて、とっても軽量。

脚力次第では、クロスバイクよりぐんぐん進みますよ~!

・デザインが豊富


ミニベロユーザーのほとんどは、機能性よりも...デザイン(見た目)で選んで買い物をしてるんじゃないでしょうか。

小さいタイヤの自転車フォルムは、それだけで、もうオシャレですよね!

デニムに白Tでも、ミニベロに乗るとたちまちオシャレに変身♪

ミニベロがファッションの一部になって、オシャレを格上げしてくれます。

スカートやワイドパンツでも乗れちゃいます◎着るものを選ばなくていいので、女性はうれしいですよね~。

車体の色はもちろん、フレームの形、グリップ・サドルの色、タイヤの厚みとパターンなどデザインは一番豊富。

さらに、カゴやスタンドなどのオプションパーツで自分好みにカスタマイズが可能なため、楽しみは無限大です。

・オプションパーツが豊富

多くのミニベロが、キャリア・カゴ・スタンド・ドロヨケなど街乗りに必要なアイテムを標準装備で販売しています。

また、別売りだとしても、オプションパーツとして専用品が用意されていることが多く、簡単にカスタマイズが可能です。

・安価なものがある

10万円以上するミニベロロードがあるように、ミニベロも高価なものがあります。

だけど、一番お安いものの値段が、ほかのスポーツバイクに比べると、安価です。

※ただし、他のスポーツバイク同様、安価なものは、重いし、コンポも粗悪で乗りにくいですので、おススメしません。よく吟味して選んでくださいね。

「短所」

・走行性は、ロードバイクに劣る。

「ミニベロロード」は、クロスバイクより「ロードバイク」に近い走りが楽しめます。

しかし、速さでは、ロードバイクにとても勝てません...。

・スピードの維持は脚力次第

走行性能の一つに入りますが、スピードの維持は難しい自転車です。

「長所」の「加速が楽」で説明したように、ミニベロはタイヤが小さい為、足の回転がすぐに伝わる自転車です。

加速は楽でいいのですが、逆に足を止めるとすぐ減速してしまいます。

トップスピードを維持するには、かなりの脚力が必要です。

・乗り心地が悪い

タイヤが小さいミニベロは、小回りが利き、ハンドル操作が容易な反面、

道路の凸凹や段差の衝撃を受けやすく、逆に、ハンドルを取られやすいとも言えます。

スピードを維持するために、足を止めれませんし、

街乗り程度ならば、快適ですが...長距離乗ると、とても疲れます。

乗車姿勢も、長距離には向きません。

以上が、HP担当の思いつくままに書いた「長所」と「短所」です。

これからわかるように、ロードバイクユーザーが第二の自転車に選ぶ理由は、

ずばり「普段使いしやすい」ところ。

「ちょっとそこまで...」と気軽に乗れるので、自転車生活も楽に続けられます。

「運動不足解消」「フィットネス」という点では、どんどん走れるクロスバイクに劣りますが...

自転車を楽しみたいあなたには「ミニベロ」がおススメです♪♪

#長所と短所 #初心者講座 #ミニベロ