​九州北部の長崎県島原市にある自転車生活課ゆう-(資)廣瀬商会です。

当社では、幼児からご高齢の方までお買い求めいただける自転車を幅広く在庫。その数は約800台。九州でもトップクラス。

自転車の整備、修理、買取、下取り、中古車販売も実施中。

1949年創業。自転車技士、自転車安全整備士の資格を持った社員が組み立て・整備を行いますので安心ください。

他にも、電動自転車やスポーツバイクの試乗、まだ自転車に乗れない小学生への「乗り方指導」、パンク修理講座など...イベントも開催中。

このHPでは、イベント情報や自分でできるメンテナンス方法、自転車に関する豆知識などを公開。

HP担当は、まだ自転車初心者。そのHP担当が疑問に感じたこと、学んだことを同じ初心者の方にわかりやすく解説致します。

間違いは、遠慮なくご指摘ください。

​自転車をお求めのお客様は、店舗または弊社の通販サイト https://www.hirosesyoukai.com/ へアクセスください<(_ _)>

​自転車生活課ゆう-(資)廣瀬商会

Address:長崎県島原市下川尻町7989-2

Tel:0957(62)2108

​E-mail:yuuyumi@crest.ocn.ne.jp

  • Twitterの - ブラックサークル
  • Facebook - Black Circle
  • YouTube - Black Circle
  • yuuyumi

自分でパンク修理しよう!≪タイヤ・チューブの取り外し方≫


残念ながら...自転車にはパンクがつきものです。

とくに、スポーツバイクは繊細ですし、遠出する機会も多いので、パンクしやすいものです。

パンクしたときに、、、

近くに自転車屋さんが見つからない...。

自転車屋さんにチューブ(バルブが特殊なので)が売ってない...。

そんなトラブルで困ることがないように、、、

自分で修理できるようになりましょう!!

※スポーツバイクはパッチでの応急処置をおすすめしません。

チューブ自体を交換しましょう。

≪パンク修理-タイヤ・チューブ交換方法 取り外し編≫

【用意するもの】


・予備のチューブ

・タイヤレバー(3本)

・ポンプ

スポーツバイクは、車軸にレバー(クイックリリース)がついていて、車輪を簡単に外せるようになっています。



車輪を外して、空気を抜きます。

※クイックリリースは、向きがわかるように装着しましたが、外してから作業してください。 ※画像は、リアホイールを使用しております。



タイヤのビートをホイールからすべて外します。 親指でぐっと押して少しずつ外しながら、一周します。


一周したら裏返して、反対側も、少しずつしっかり外します。


バルブの反対方向(バルブ付近はレバーが入りにくい為)から、タイヤレバーを入れていきます。


タイヤレバーはスポークにかけ、反らないようにします。


2本目は、ビートの硬さ、スポークの間隔にもよりますが、5cm~10.cm幅で取り付けます。


タイヤレバーを3本入れると、タイヤが浮くので、そこからは、手を使って外します。 タイヤとホイールの間に親指を入れて回すと、外れます。 バルブの反対方向から、チューブを外します。 最後に、バルブを外して、完成です!

詳しくは動画をご覧ください!

弊社のベテラン社員が、島原なまりの社長のアナウンスに合わせて作業しております(笑)


ベテランでも、タイヤによって、なかなかはまりにくいこともあるそう。。。

何度も練習することです!!

空気を抜いて、試してください!

バルブ口周辺は、取り扱いに気をつけてくださいね♪

#パンク修理 #メンテナンス #自分でできる #初心者向け #初心者講座 #スポーツバイク