​九州北部の長崎県島原市にある自転車生活課ゆう-(資)廣瀬商会です。

当社では、幼児からご高齢の方までお買い求めいただける自転車を幅広く在庫。その数は約800台。九州でもトップクラス。

自転車の整備、修理、買取、下取り、中古車販売も実施中。

1949年創業。自転車技士、自転車安全整備士の資格を持った社員が組み立て・整備を行いますので安心ください。

他にも、電動自転車やスポーツバイクの試乗、まだ自転車に乗れない小学生への「乗り方指導」、パンク修理講座など...イベントも開催中。

このHPでは、イベント情報や自分でできるメンテナンス方法、自転車に関する豆知識などを公開。

HP担当は、まだ自転車初心者。そのHP担当が疑問に感じたこと、学んだことを同じ初心者の方にわかりやすく解説致します。

間違いは、遠慮なくご指摘ください。

​自転車をお求めのお客様は、店舗または弊社の通販サイト https://www.hirosesyoukai.com/ へアクセスください<(_ _)>

​自転車生活課ゆう-(資)廣瀬商会

Address:長崎県島原市下川尻町7989-2

Tel:0957(62)2108

​E-mail:yuuyumi@crest.ocn.ne.jp

  • Twitterの - ブラックサークル
  • Facebook - Black Circle
  • YouTube - Black Circle
  • yuuyumi

クロスバイク人気の理由~「良い点」「難点」を知ろう♪

最終更新: 2019年4月8日


大人気のクロスバイクですが、、、何でそんなに人気なのでしょう??

クロスバイクの長所と短所をまとめてみました!!

クロスバイクの良さって??

「お手頃価格」

クロスバイクは、4万円~7万円が相場です

クロスバイクの中にも、スピード重視するものは、

ロードバイク同様に、フレーム素材やコンポが良いものを搭載している為、

10万円以上しますが、ほとんどのクロスバイクは4~7万円のお手頃価格

弊社は、3万円台からありますよ♪

「デザイン・カラーが豊富」


オシャレで、普段着に馴染みやすい!!

ここが最大の魅力ではないかなと思います。

ママチャリはオシャレ??とは言えませんし(笑)

ロードバイクは、なんだか普段着と合わない?!ですよね。

クロスバイクは、普段着で気負わず 乗れて、


ファッションの一部として買う 方も多い自転車です♪

また、安価な車体ですので、タイヤのカラーを変えて、フロントバッグをつけて...と

パーツやグッズで遊べる のもクロスバイクの魅力です。

「ママチャリより断然 軽い」


ママチャリは、ほとんどが鉄製です。重さも17~30kgあります。

クロスバイクも、安価なものは一部鉄製がありますが...

主に「アルミ」「クロモリ」(一部、カーボン)を使用したものが多く、

10~13kgの軽量のものがほとんどです。

フレーム素材の特徴は、ロードバイクの説明をご参照くださいね!

また、クロスバイクには、前ギア1~3枚、後ギア7~9枚と、多段変速が装備 されています。

道の状況に合わせて、細やかなギアチェンジ ができ、軽快に街を乗れますよ♪

「ママチャリより断然 速い」

クロスバイクの時速は20km~25kmと言われています。

平均時速が15km前後のママチャリに比べると断然速いです!!

理由① 重量

車体が軽いので漕ぎだしも軽く、スムーズにスピードに乗ることができます。

理由② 乗車体勢の違い


ママチャリは、乗り降りしやすいように、サドル位置が低く、

リラックスして乗れるように、ハンドルが手前にくるよう設計されています。


一方、クロスバイクは、

やや 前傾姿勢 ですので、

ぐっと踏めて、効率的に足の力をペダルに伝えられるので、スピードも楽に出ます。

理由③ 最大のポイントは...空気圧!

クロスバイクのタイヤは、ママチャリのタイヤと細さはほぼ変わりませんが、高圧に入れることができます。


一般的なママチャリ

最大空気圧が300KPa


通学車 

最大空気圧が450KPa


クロスバイク 例1) 700×32cの太めタイヤ

最大空気圧600KPa


クロスバイク 例2)700×28cのクロスバイクに一番多いタイヤ

最大空気圧700KPa


クロスバイク 例3)700×25cの細めタイヤ

最大空気圧805KPa

※空気圧はタイヤの側面に記載されています。同じサイズでも空気圧は異なりますので必ず確認ください。

空気圧を高圧にすることで、

「地面との接地面積が少なくなり、摩擦が減り、転がりやすくなる=スピードが出る」という仕組みです。

ロードバイクほど高圧には入れられませんが、ママチャリより、通学車より、断然スピードが出ます!!

スピードが出る分、事故には十分気を付けてくださいね。

「ママチャリより疲れにくい」

前述した 乗車姿勢の違い によるものです。

クロスバイクは、前傾姿勢です。

前傾姿勢は、お尻と手の2点で体重を支えます。

ママチャリは、乗り降りしやすいようサドルが低くなっていて、全体重をお尻で支えます。

短距離にはリラックスできるポジションでいいのですが、長く乗ると、お尻が痛くなり、その疲れは足にもきます。

ですので、クロスバイクのように お尻と手に力を分散してくれる前傾姿勢 の方が疲れにくいのです。

「ロードバイクより視界が良い」

速さと疲れにくさには良点の前傾姿勢ですが、視界が悪いのが難点です。

同じ前傾姿勢でも、ロードバイクに比べて


クロスバイクは少し体を起こして乗るよう設計されています。


これを前が良く見える「アップライトポジション」といいます。

街では障害物もたくさんありますので、視界が広く安全性が高いクロスバイクがおススメです。

では、クロスバイクの 難点 は??

「軽さ」「速さ」「疲れやすさ」の面で、ロードバイクにおとる

・「軽さ」

前述したように、クロスバイクは総重量が10kg~13kg

一方、ロードバイクは、総重量が10kg以下のものがほとんどです。

ロードバイクで書いたように、コンポにはグレードがあり、上位になるほど軽くなります。

クロスバイクには、ロード用の下位のコンポーネント、

または、マウンテンバイク用の下位のコンポーネントが装着されています。

その為、どうしても、ロードバイクに比べると重くなります。

さらに、タイヤも少し太いものが装着されている為、重量があります。

・「速さ」

車体・タイヤが重いことと、

タイヤがロードバイクほど高圧にも入れられないので、接地面積が増え、転がりにくく、

スピードの面でも、ロードバイクにおとります。

・「疲れやすさ」

前傾姿勢は、長く乗ると、手にかなり疲れがきます。

同じ姿勢を続けなければならないクロスバイクは、

ハンドルポジションを変えられるロードバイクほど長距離には向きません。

メンテナンスが不可欠

ロードバイクで説明しましたが、スポーツバイクは、機能が充実している分、メンテナンスも必要です。

お近くのショップで、定期的にメンテナンスをすることをおススメします。

以上、思いつくままにだらだらと書いて長文になってしまいましたが...

人気の理由がお分かりいただけましたでしょうか??

弊社で販売中のクロスバイク一覧はこちら↓

http://www.hirosesyoukai.com/?mode=cate&cbid=1146977&csid=0&sort=n

#スポーツバイク #クロスバイク #初心者講座 #長所と短所 #クロスバイク初心者講座