​九州北部の長崎県島原市にある自転車生活課ゆう-(資)廣瀬商会です。

当社では、幼児からご高齢の方までお買い求めいただける自転車を幅広く在庫。その数は約800台。九州でもトップクラス。

自転車の整備、修理、買取、下取り、中古車販売も実施中。

1949年創業。自転車技士、自転車安全整備士の資格を持った社員が組み立て・整備を行いますので安心ください。

他にも、電動自転車やスポーツバイクの試乗、まだ自転車に乗れない小学生への「乗り方指導」、パンク修理講座など...イベントも開催中。

このHPでは、イベント情報や自分でできるメンテナンス方法、自転車に関する豆知識などを公開。

HP担当は、まだ自転車初心者。そのHP担当が疑問に感じたこと、学んだことを同じ初心者の方にわかりやすく解説致します。

間違いは、遠慮なくご指摘ください。

​自転車をお求めのお客様は、店舗または弊社の通販サイト https://www.hirosesyoukai.com/ へアクセスください<(_ _)>

​自転車生活課ゆう-(資)廣瀬商会

Address:長崎県島原市下川尻町7989-2

Tel:0957(62)2108

​E-mail:yuuyumi@crest.ocn.ne.jp

  • Twitterの - ブラックサークル
  • Facebook - Black Circle
  • YouTube - Black Circle

自転車に乗れない小学生集まれ~!!

お子様が、自転車に乗れずにお困りではありませんか?

大流行中のキックバイクで、すぐ乗れるようになった!!

そんな話をよく耳にするけれど...

大きくなったお子様は、キックバイクは使用できません。

体が大きくなればなるほど、自転車も大きく重くなり、

恐怖心も強くなります。

自転車に乗れるようになるには、時間がかかるんです。

 

小学生のうちがチャンス!!

 

弊社にある中古車・ヘルメットを貸し出して

「乗り方のコツ・教え方のコツ」を伝授します♪

過去の自転車教室詳細はこちら↓

https://www.hirosesyoukai-yuu.com/single-post/2018-1event

※根気があれば、年中さんからトライできます!

≪ご注意≫

終始、保護者の方の付き添いが必要です。

弊社の社員がコツをお教えし、後は、保護者の方の付き添いで練習していただきます。

中古車を使用するので、転んだって、傷つけたって大丈夫◎

 

もちろん、無料です。貸出OK(敷地内)

魔法のようにすぐに乗れるわけではありません...が

この方法だと、格段に早く習得できるんです。

早い子で、40分(2019.4.2記録更新♪)~半日。

 

なかには、数日かかるお子様もいらっしゃいます。

できるようになるまで何回でもお越しくださいね(^^♪

​≪乗り方手順≫

​自由に押して歩けるようになったら、

最初は、つい下を向いてしまうので、進みません。

「顔は前(進む方)を見るよ」と常に声かけてください。

​緩やかな下り坂を利用すると、早くバランスがとれるようになります。

​また、この際に、手でブレーキをかける練習もさせてください。

一蹴りで、グーンと進めるようになり、

足をつかないで乗れる距離が長くなってきたら...

自転車の重さに慣れることからスタート!

まずは、自転車のペダルを外し(キックバイク状態)

自転車を押して8の字を描いて歩きましょう。

一見、簡単そうだけど...

8の字に押して回るのって、最初は結構大変なんですよ~(;´Д`)

今度は自転車にまたがり、

両足同時に地面をけり、八の字にまわります。

(蹴ることが難しい場合、

自転車にまたがって歩くことからスタート◎)

最終段階、今度は左右の足で交互に蹴ります。

み~ぎ~、ひだ~り~と、ひと漕ぎを長~く。

足の離れる時間を長くしていきます。

歩くのではなくて、蹴って進んで下さいね!

できるようになったら、

早速、ペダルを取り付けて、乗ってみましょう!!

弊社には、屋根付きスペース有。雨の日もできますよ~♪ぜひ、お越しください!!

ペダルを付けても、

まずは足で蹴りながら自転車を進めましょう。

初めは、ペダルを踏もうとすることで、

つい片側に力が入り、車体が傾き、ふらついてしまうんです。

足で蹴りながら自転車を動かし、動き出してから、ペダルに足を乗せるのがコツです。

ゆるやかな坂道で行うとスムーズにいきます。

また、動き出してペダルに乗せることがどうしても難しい場合は、

​後ろキャリアやサドルを持って補助してあげましょう。

​《ご注意》

三輪車を経験せず、キックバイクしか乗っていない子供は、

ペダルがうまく踏めない場合があります。

補助輪を付け(無い場合はキャリアやサドルをもって補助をして)、

ペダリングをまず練習させてくださいね。